HOME >> 施工事例 >> リフォーム >> 印旛郡栄町 和風の廊下を洋風に改造し耐震性をあげた平屋リフォーム 

印旛郡栄町 和風の廊下を洋風に改造し耐震性をあげた平屋リフォーム 

before
2013-05-21-10.23.56
工事前
arrow_ver
after
2013-07-12-09.50.38
工事後感想

塗り壁の材料がボロボロ落ちてくるようになったため、洋風の壁に変更することを希望されました。
お住まいは川のほとりにあり、震災の時に被害が出た地域に近かったため、通常の下地材と耐震性のある下地材の差額を出せば施工の手間及び仕上げ材は同じだから少しでも耐震性が上がると思われることをご説明し工事に入ることとなりました。

ちょうど印旛郡栄町では震災後のリフォーム補助金が出ることがわかっていたため、補助金の募集をまって工事をすることに。
耐震性を上げる工事はこのようなタイミングに一緒に工事をすれば思ったよりも工事費は上がりません。
いただいた補助金の範囲内で差額は収まりました。
自治体には耐震リフォームに対して補助金をだすメニューがありますので上手に利用するのも良いと思います。

材料はニチハ耐力面材「あんしんN」を使用しました。この材料は上下ともに梁や土台などの構造体に止めなくても良い素材でしかもこの上からクロス工事をすることが出来るのでリフォームに適した材料だと思います。