HOME >> 施工事例 >> リフォーム >> 印旛郡栄町 外壁の雨水浸水補修工事 

印旛郡栄町 外壁の雨水浸水補修工事 

印旛郡栄町 外壁の補修工事

外壁の亀裂
外壁に亀裂が入り壁が膨れたこの部分から水が浸入したようです。
外付けのベランダから雨水が浸入している事も考えられるためベランダを取り外して工事する事を提案しました。
建物の構造部分の腐食もありました
工事をするとツバイフォー形式の建物の構造部分が腐食していました。
下地の桟の厚みが非常に薄い
下地の桟の厚みは10mmしかなかった為、大きめに解体して補修する事に・・・。
ベランダ取り付け部分から雨水が浸入していました
ベランダ取り付け部分から雨水が浸入。

当初はおおげさに感じられたがベランダまで解体する事をご提案してよかったと思います。
before
部屋の内部にまで浸水していました
内部にまで漏水していた
arrow_hor
after
処理後は浸水もなく安心です
処理後
補修工事後の外壁の様子
工事後感想

有名住宅メーカーの建物であったが、思ったよりも下地が貧弱なのでサイデイングをこの外壁の上から張るにしても下地合板の厚さが5.5mmしかなく、下地の桟も10mmの厚みしかないので強度上、直接、外壁の上から張る工事では不安を感じました。

外壁の下地も防水紙も張られておらず、下地モルタルもないので細かなひびでも甘く見ずに外壁を塗装するなどのメンテナンスが必要です。

少なくとも10年に一度は塗装をした方が良いと思います。
関連の施工事例を見る