HOME >> 施工事例 >> 新築住宅 >> 印旛郡栄町 白と黒の外観が特徴的、上質な和モダンの家

印旛郡栄町 白と黒の外観が特徴的、上質な和モダンの家

印旛郡栄町 陶磁のようなタイルを使用した和モダンの家

LIXILの千陶彩と対照的な白い壁で、白と黒の和モダンな雰囲気の外観
外壁にLIXILの千陶彩(せんとうさい)タイルを使用し、対象的な白い外壁(ニチハ セリオスタイル プライムホワイト)を使いタイルの焼き物風の素材感を生かし屋根とアプローチを深くとることによって和のテイストが出るように考えてみました。

竹のフローリングを使用し 建具は黒系で統一し室内も和モダンな雰囲気を意識しました
床材に竹のフローリングを使い、建具は黒系の建具を使い、和モダンを意識しました。

ダイニングとリビングの間にはヒバの無垢材を使ったパーテーションを設置
ダイニングとリビングの間にヒバの無垢材をマスコウシ組したパーテーションを取り入れています。
縁側の飾り棚は無垢材のテーブルを加工して使用しました
縁側の飾り棚は無垢材のテーブルを加工して飾り棚にしてあります。
和室の床板はご実家の古い家の材料のけやき材を床板に加工しました
和室の床板はご実家の古い家の材料のけやき材を床板に加工しました。
寝室にも飾り棚を設置
寝室の飾り棚、棚の内部の色を変えてあります。
階段上部の飾り棚は少しのスペースを有効活用
階段上部の飾り台は少しの部分を利用しました。
キッチンカウンターにも様々な工夫が盛りだくさん
キッチンカウンターを茶器用の収納と棚、机の変わりになるカウンターなどを作っています