建物価格のしくみ

間仕切りは収納式 家族の集まる賑やかな大空間
もう知っている人も多いとは思いますが、一般的に目にする『建物の価格表示』とは、

【建物本体価格】+【会社の経費】+【付帯設備工事費】

で出される会社が多いのです。しかし、

「建物価格は決まった表示の仕方がありません。」

坪単価で表示しても良いし、上記のような付帯費用全てをまるまる合算した価格のみを表示しても良いのです。
また、建物は建てる方によって土地の形や条件が違うので、建物の本体価格だけで良いのだという理論で、本体価格のみ表示の勝手な住宅会社もあります。

つまり、建物価格というものはかなりいい加減で、広告を見て安いと思い行ってみたら、「今回限りの特別価格」だったとか、結局オプションが色々ついて安くなかった、坪単価が安かったけど「何十坪以上から」という条件付きだったという話も聞きます。


建物にかかるお金は色々なものがあります。
家を建てるということは、大切なご家族の「生命」「安全」「財産」を守ることなので、最低でも住む上で必要な下記の項目(建物チェックリスト)位はチェックしておかないと、お金の計画が狂ってしまい、楽しい家づくり計画が辛いものになってしまいます。

【その価格には何が入っていて、何がオプションなのか】

を業者の方に質問・確認することがとても重要です。
この質問に答えられない会社は問題外と言えます。
逆に良い会社はこちらから聞かなくても、契約前に「建設にかかる費用の具体的な話」、「本体価格以外にかかってくる諸費用」などを文章で丁寧に説明してくれます。

建物チェックリスト

M様邸の建築の際(坪単価55万円)、当社の見積り価格には以下のチェック内容が含まれていました。
構造
1.防蟻処理トリプル処理
 JOTO基礎パッキン工法による10年保証
 JOTOドマカラ工法
 人体に無害なエコボロン(20万円)

2.省令準耐火構造(火災保険料が大幅に安くなりお得)

3.壁倍率最高5倍のモイスと筋交いのW耐力壁

4,浴室結露をさせない浴室あったか工法

5.耐震性の高い次世代金物プレセッターM工法

6.柱径/巾4寸角(乾燥剤)

7.基礎/ベタ基礎

8.換気/基礎パッキン(JOTO防蟻10年保証)

9.1階床/2重構造(剛床構造) 合板24mm+フロア12mm

10.2階床/3重構造(剛床構造) 合板28mm+スーパーハード+フロア

11.防振/2重梁構造

12.壁断熱材/80mmアクアフォーム壁

13.屋根断熱材/100mmアクアフォーム

14.床下ポリスチレンホーム特号75mm

15.犬走り工事

16.ベランダFRP防水
外壁工事
1.通気金物工法

2.外壁 厚さ 16mmニチハVシリーズ

3.金物留工法
サッシ工事
(定価300万円)
1.全室ペアガラスリクシルサーモス

2.天窓

3.1階シャッター付き

4.居間/一間半(開口2.7m)

5.ベランダ手すり
屋根工事
1.陶磁瓦

2.チャンピオンルーフィング
内装工事
1.全室/12mmフローリング

2.玄関/600角タイル

3.玄関ポーチ/300角タイル

4.玄関ホール/600角タイル

5.和室/クロス

6.和室/畳

7.和室/仏教用収納

8.和室/神棚

9.洋室/巾木

10.洋室/窓枠

11.洋室/ビニールクロス張り

12.クローゼット/押入れ内装無垢桐集成材 棚1段・ハンガーパイプ

13.階段/無垢集成材
建築工事
(定価180万円)
1.室内ドア(高さ2.0m)松下電工

2.クローゼット(高さ2.3m)

3.障子/注文品
設備工事
1.1坪ユニットバス(定価115万円)2台 日立

2.ハウステックシステムキッチン(定価90万円) 1階設置

3.TOTOシステムキッチン(定価94万円) 2階設置

4,1階/ウォシュレット(ベージア)

5.2階/ウォシュレット(ベージア)

6.照明器具全室(定価40万円)

7.エアコン工事5室(定価40万円)

8.カーテン(定価60万円)

9.階段手摺

10.コンセント各室2ヶ所以上

11.外部防露コンセント3ヶ所

12.内部給排水工事

13.外部給排水工事

14.内部電気工事

15.外部電気工事

16.エネルギーモニタリングシステム(定価40万円)でスマートハウス化

17.24時間換気システム

18.雨樋 松下電工

19.下駄箱

20.台所カウンター工事

21.飾棚工事

22.床下点検口2ヶ所

23.天井点検口2ヶ所
諸費用
1.確認申請料

2.材料運搬費

3.外部足場

4.上棟式レッカー費用

5.地盤調査費用

6.設計管理料

7.住宅模型作成費用

8.瑕疵保険費用

9.長期優良住宅申請費

10.構造計算