HOME >> スタッフブログ >> 家づくりについて >> 太陽光発電の故障

太陽光発電の故障

2014.8.16

太陽光発電の故障

IMG_12251
2000年に取り付けをした。
3.3kwの京セラ製の太陽光発電システムです。
太陽光発電のパワーコンデショナーが故障しました。
パワーコンデショナーは故障するとの説明は受けていましたので寿命がきたのだと思います。
14年でした。
故障する事はお話して、故障した場合の費用は見ておいてもらうようにお話をしてあり今回はメーカーのサービスに
直接お話をしていただき、無事に直ったのですが。
ただ、当初メーカーの人間から交換の費用として代理店から聞いていた金額は7~8万ぐらいで聞いていましたが実際には
29万かかりました。
思ったよりも維持費がかかります。

14年の収支を考えると
設備で3.3kwで年4000kw発電するとして年間の生産した電力を10年間、当時は42円で買取してもらっていましたので
年間42円×=168,000の発電をします。
10年で1,680,000円の発電量
残り4年が通常の電気料金27円とすると27×4,000=108,000
4年で43,2000
合計2,112,000
当時は1,800,000ぐらい設備費でかかったので
収支は2,112,000 ー1,800,000ー290,000=22,000となり
14年でトントンという感じですね。
ただ、42円で売らずに自家消費しているのでいくらか損している状態かもしれません。

これからまた、14年使うとすると108000×14=1,512,000
という事は28年で1,512,000 の利益
28年使って年間54,000の利益となります。
長く使わないと損ですね。

今の設備は当時より安くなっているので
先日の例で言えば
14年の収支予想は
5.5kwのシステムで年間6000kw発電するとして
今の買取が38円なので38×6000=228,000
10年で2,280,000の発電量

後、4年が27円で買い取ってもらえたとして
27×6000×4=として648,000
14年で2,928,000の発電量として
14年の収支は工事代が5.5kwで200万ぐらいなので
2,928,000ー2,000,000ー今回の修理代290,000=638,000
14年で638,000の利益となります。
この数字は自家消費を考えていないのでこれだけの利益は出ないとは思いますがざっくりとした目安になるとおもいます。

そして、この計算でも年間45,571円の利益と考えられますが利回りで考えれば2.2%でしかなく
しかも元本は戻ってくるわけではないので、設備費は電気代を前納したものと考えて
年、45,571円年金がもらえると考える事ぐらいが良いと思います
少なくとも14年は使いたい所です。

また、実際、設置してみると10年点検で年、1万円の契約は必要かどうか悩みますね。
お世話になった所でまだ10年以内に故障している所は無いですし、当社は15年経っても、まだ問題がありません。
ただ、外から見るだけのようですし、お施主様に勧めるかどうかわかりませんね。