HOME >> スタッフブログ >> 家づくりについて >> パッシブデザインの講習会に参加しました。

パッシブデザインの講習会に参加しました。

2014.7.30

パッシブデザインの講習会に参加しました。

IMG_11821
パッシブデザインの講習会に参加しました。
2020年の住宅の高断熱義務化にむけて、スキルアップのために参加しました。
あらためて、断熱工事の奥の深さを考えさせられました。
必ずしも、Q値(住宅の保温性能を表す数値:数値が小さいほど保温性能が高いといわれています。)が1以下が良いとも
限らないですし、住む場所や、どこまでの建物を目指すのが良いのか設計者が考える必要があるなと考えさせられました。
オーバースペックになるのも、いけないですし、かといっても性能が悪い家を進めるのも問題があります。
いろいろな考えの中で、長期優良住宅の基準が最低の基準として、設定された事もわかります。
これからの住宅を考えれば、もうローコスト、ロークオリテイ、オーバースペックな家を建てるのは、いけないのだと思います。
先日、見学に行った、金子建築工業さんのセミナーでも同じ事を問題として提起されていましたし、
自分の考えとしては、断熱性能を極限まで、上げるパッシブハウス的な考えよりも、パッシブデザインの考えを取り入れて
行くべきだと考えます。